お知らせ

子どもへのコロナワクチン接種の勧め

子どものコロナ感染が原因の家族内感染が増えています。また10才未満の死亡も20人を超えています。子どもへのワクチン接種が進まない限りコロナの流行は続きます。

ワクチンの効果は?

子どもでの感染予防効果はオミクロン株でも55%以上、重症化予防効果も65%以上あります。今のコロナワクチンでもインフルエンザワクチンより効果があります。 

副反応が心配?

mRNAワクチンの遺伝子 DNAへの影響を心配する噂があります。実はコロナウイルスは大きな mRNAで出来ています。コロナに感染すると体内で増殖して大量の mRNAが作られ、ウイルスとなって周囲に感染します。

しかし、ワクチンの mRNAはすぐに壊れて DNAには影響したり,感染したりすることはありません。

副反応?紛れ込み?

ワクチン接種後の死亡記事も見かけます。日本では毎年140万人が死亡しています。このため,ワクチン接種直後にワクチン以外の原因で亡くなる方も当然でます。

どんなに安全なワクチンでも,ワクチンと関係のない紛れ込みを副反応とされてしまうことがあります。
子どもへのワクチンは発熱も少なく成人より安全です。 

子どもへのワクチンの勧め

子どもへのワクチン接種が進まない限り,コロナの流行が抑えられません。
ぜひ,子どもさんにも積極的なワクチン接種をお願いします。